出産祝いにもらって嬉しいもの 迷惑なものランキング お祝い金額の相場は?




こんばんは、ブタ子です。今日は友人や知人が出産したときにどんなものを贈ると喜ばれるのか、お祝いの金額の相場は一体どのくらいなのかという疑問について書こうと思います。

出産祝いで喜ばれる贈り物

ブタ子も出産のときお祝いに物をもらったことがありますが、中にはこれはいらない。。と正直思うものがありました。そんなことがないようにプレゼントの王道を書いていきますね。

もらって嬉しい物ランキング(ブタ子主観含む)

1位 赤ちゃんの質のいい肌着、カバーオールなどの季節にあったブランド洋服(少し大き目)

肌着は何枚あっても嬉しかったです。また、自分ではなかなか買えないようなブランド品の赤ちゃん用の洋服は嬉しいです。赤ちゃんはすぐに大きくなるので、サイズを少し大き目の80cm位をプレゼントすると喜ばれます。50~60cmはすぐにサイズアウトするのでおすすめできません。

80cmくらいだと半年後~1年後くらいに着ることになるので、季節を少し見越す必要があります。また、好みがわかれるところなので、事前にサーチしてから贈ることをおすすめします。

 

2位 カタログギフト、金券

自分の欲しくないものをもらっても後で使うことはまずないとブタ子は思います。どうせあげるなら喜んでもらいたいですよね。カタログギフトだと自分で選べるし、選ぶ楽しみがあるので喜ばれます。

金券は好きなものが買えるので嬉しいですが、あまり親しくない人には贈らないほうがいいかも。

 

3位 スタイ(ミキハウスなど)

スタイはよだれかけと呼ばれていたものです。これは絶対に必要になるんですが、日常的に使うため高価なものは買えません。プレゼントでブランド品のスタイセットなどいただけるととっても嬉しかったです!

もらって嬉しくないものランキング(ブタ子主観)

1位 子供の名前がかかれた掛け軸のようなもの

これはブタ子的には飾ることもなく、申し訳なかったです。やはり嬉しい物が贈られたいです。

2位 ファーストシューズ

子供はすぐにサイズアウトします。小さいシューズをもらっても履く間もなくお蔵入りなんてことがありました。シューズは自分で選びます。

3位 すでに持っているもの

これはちょっと難しいですが、ブランケットなど1個でいいものがかぶってしまうと使えません。聞いてからがいいかもしれませんね。また、おもちゃなども好みがわかれるのでよく知っている人ならいいですが、万人受けしないものを贈ると引かれる場合があります。

結局は贈られる側にかかっている。ということでしょう。出産祝いで使わないものをもらってももったいないだけなのでよく考えてから贈るといいですね。

迷っている方は出産祝い金+ちょっとしたスタイなどがいいのではないかと思います。

お金だけではなんだか味気ないという方にもおすすめです。

次に出産祝いの包む金額の相場について書いていきます。

出産祝いの金額の相場は

出産祝いは生後7日から1か月くらいに贈るのがいいとされています。大変な出産をして翌日や当日にお祝いをもっていくのは家族以外はやめたほうがいいです。

その理由は出産後はとても疲れます。化粧もしないし、そんなときにお祝いを持ってこられると迷惑です。よっぽど親しい関係柄か家族以外は控えましょう。

金額の相場

親しい友人 1万円
友人、知人 5千円~1万円
同僚、会社関係 3千円~5千円
親戚 1万円~3万円
近所 3千円

これは一般的な相場になります。あまり金額が高すぎても気を使いますし、低すぎても常識がないと思われるのでだいたいこのくらい包んでおけば間違いないでしょう。

また、出産はお祝い事なので新札を使用してくださいね。4や9など不吉とされる数字は控えてください。出産祝いはおめでたいことだし、赤ちゃんなので祝儀袋はかわいい柄の物を選ぶと喜ばれます。

 

まとめ

出産祝いで嬉しい物をブタ子の主観を主に書いています。お祝いするという気持ちは大切です。ですが、もらって嬉しくないものは正直あります。なので絶対に失敗しないギフトを選ぶ必要があるのです。

金額にも相場がありますので、よく調べてから失礼のないようにお祝いを贈りたいですね。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

コメントを残す