布団にカビが!【ブタ子がカビから解放された理由とは】対策 体への影響は?




毎日布団を上げているのに、ふと裏側を見ると黒い点が!!と思ったことはありませんか?この黒い点の正体は【カビ】。ブタ子は何度敷布団にカビが生えてそのたびにカビが取れずに何枚布団を捨てたことでしょう。

カビが体に与える影響や対策について考えていきたいと思います。

カビはなぜ生えるのか??

寝ている間に人はだいたいコップ1杯の汗が出るという話は有名です。コップ1杯といえば、だいたい200CCほど。そんなものが布団に染み込めば確実に乾燥しない限りカビの餌食になるのは時間の問題です。

カビは湿度が80%以上、温度が20~30度で活発に活動します。布団のしきっぱなしなんてカビに生えてくださいと言っているようなものですね。

そのままにしておくとどうなる??

カビには色々な種類のものがあり、布団に生えるものはカビの代表格の【黒カビ】が多いです。黒カビが引き起こす身体被害は様々なものがあります。

カビの胞子は細かく、吸い込むことによるアレルギー症状がでるため小さなお子様やアレルギーのある子供などは危険です。

ブタ子の上の子が3歳くらいの頃、寝室のカーテン全体にカビが生えたことがありそれを撤去しました。その夜子供が寝室で寝ているとえらく咳が止まらなくなりました。

そのうち呼吸も苦しそうになり、明らかなアレルギー症状が出現したので急いで病院にいきました。呼吸もままならず咳も止まらず一刻も早く治療が必要な状態になりました。

なんとか治療してもらって事なきを得ましたが、原因で考えられるのは明らかにカーテンのカビ以外考えられません。

それからはカビが生えないようになんとか風通しをよくしたりカビをみつけたらすぐに対処するようにしました。あのときは本当に怖かったです。

カビの胞子を少し吸い込んでも何ともなかったりする人もいますが、免疫力が下がっている人や免疫の低い乳幼児、お年寄りなどは注意が必要です。カビの胞子は見えませんから。

布団にカビを見つけた!

ブタ子は敷布団を床に敷いて寝るんですが、毎日布団を上げているのに3日ほどするとすぐに黒い点がぽつぽつと出てくる。しかも、外側に見えているということは中はすごいことになっているというのがおわかりでしょうか?

カビの恐怖を知っていたブタ子はなんとかカビを撃退しようと色々と調べました。カビ取りハイターとかも効果的と書いてありますが、相手は布です。そんなハイターが染み込んで臭い布団で子供を寝かせられますか?しかもスプレーを振りかけても振りかけてもカビが出てくる出てくる。

どこまで対応すればいいのかわからないし、だいたい布団にカビが生えた時点でこの布団に寝たいなんて思いませんよね。

安い敷布団を探しては、カビが生えるたびに新しいものにかえていました。安いと言っても安くて3000円。捨てるのも大変な大きな敷布団なので手間もかかります。

なんとかいい方法がないものか、このカビから逃れる方法はないかブタ子は必至に探しました。ついにその方法をみつけて半信半疑で購入!!

カビが布団に生える恐怖から解放されました。

画期的なカビ予防アイテム!絶対に買わないと損

毎日布団を上げても上げてもカビは生えます。その理由は布団の中までは乾燥できないから。何層にもなっている布団の中まで乾燥させようと思うと夏の暑い日差しの中で1日干しておくとかしか方法ないです。

そんなの毎日無理に決まってる。カビも生え放題。布団を干す専用の布団干しも購入したりしましたが、効果なし。

そんな時見つけたアイテムがこれです⇩

なんだ、除湿シートか、と思うでしょう。でも、これで布団を買い替えることはなくなるんですよ!

値段も4000円弱。ブタ子は最初見つけたとき高いし効果なかったらと躊躇していたんですが、1枚買ってみてその効果を実感!!

こんな薄いシート1枚で驚きの効果があったのにはほんとにびっくりしました。

いつも上げるとじっとりとしていた床がなんともさらっとしているんです。そして敷き始めてからはカビが全く生えなくなりました。

安心の西川。パッドは洗えませんが、パッドを干せば何度でも使えます。ほんとに経済的です。布団を毎回買い替えていたブタ子には目から鱗の朗報でした。

購入して3年はたちましたが同じ物を使って、まだカビが生えません。もちろんすぐに追加の2枚目も購入しました。

やっぱり探せばあるものですね、便利グッズ。こんなに簡単にカビから解放されるならもっと早く見つければよかったと後悔。

ぜひカビで悩んでいる人には使ってほしい一品です。ブタ子がそうだったように半信半疑でもいいんです。とりあえず試してみてください。

最後に

カビは1度生えるとあっという間に広がります。風通しをよくして乾燥させると大分カビが生えるのを抑えられます。

しかし、日中仕事などで留守にするのに窓を開けて外出すると物騒だったりするのでなかなか風を部屋に通せません。

そうするとすぐに湿ってきてカビの大好きな環境ができあがってしまいます。布団なんて毎日使うものの上に寝汗は半端なくかくので湿度と温度の環境はばっちり。

カビは絶好のチャンスとばかりに生えるでしょう。身体にも悪影響を与えることは間違いありません。そんなときに簡単にできる対策があればやらない手はありません。

ブタ子はカビが布団に生えるという恐怖から解放されました。最初は痛い出費と思うかもしれませんが、何年も使えるので非常に経済的。長い目で考えてくださいね。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す