クレヨンしんちゃん 矢島晶子さん降板 新しい声優は?




こんにちは、ブタ子です。今日は昔からブタ子も見ているクレヨンしんちゃんについて書こうと思います。

クレヨンしんちゃん 声優の矢島晶子さん降板

子供のころから慣れ親しんできたクレヨンしんちゃん。中でもしんちゃんの声はインパクト抜群で5歳児とは思えない性格によくあった声でした。

その声優の矢島晶子さんが降板してしまいました。しんちゃんの声を26年と3ヶ月も演じられたんですね。

降板の理由は

【矢島晶子さんコメント】

27年間、春我部の「嵐を呼ぶ5才児」と一緒に過ごして参りましたが、この度、野原家から離れることに致しました。

理由は、しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。

キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です。

長い間、皆様に親しんで頂き、本当に感謝しております。

「しんのすけ」というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです。

27年間、ありがとうございました。

引用:HUFFPOSTホームページより

ドラえもんも数年前に声優交代がありました。クレヨンしんちゃんにも交代するときが来たんですね。残念です。

理由に声を保つのが難しいとありますが、独特な声なのでやっぱり難しいんでしょうね。地声でなければセリフも言わないといけないし感情もいれないといけないしで大変だったと思います。お疲れさまでした!

降板について皆さんの声

様々の意見がありますが、変わったあとしんちゃんをみましたがかなりしんちゃんによせていてがんばっているなと感じました。

変わったので違和感はしょうがないですが、これからなじんでくるので暖かく見守ってほしいですね。

ところで新声優には誰が選ばれたのでしょうか?

クレヨンしんちゃん 新声優 小林由美子さん

7月からの放送では小林由美子さんがしんちゃんの声を担当しています。2000年デビューということです。

この度僭越ながら野原しんのすけ役をやらせていただくことになりました小林由美子と申します。

今回このような大役を仰せつかり光栄と共に責任の重さを痛感する毎日です。

今第一話から「クレヨンしんちゃん」を見直し勉強させていただいている中、この凡人ではとても思い付かないしんちゃん像を作り上げた矢島さんに改めて畏怖と尊敬の念でいっぱいです。

力不足な部分は多々ありますが、「お任せください!」と胸を張って言うことが、並々ならぬ思いで、27年という長い間大切に育てていらしたしんちゃんを後に託すご決断をなさった矢島さんとスタッフの皆様、そしてずっと応援してくださっているファンの皆様への礼儀だと思っております。その為にも矢島さんのしんちゃん魂をしっかり学び、一年でも早く皆様に慣れ親しんで頂けるしんちゃんになれるよう、日々精進していきたいと思います。

今後共何卒宜しくお願い致します。

小林由美子

引用:引用:HUFFPOSTホームページより

かなりプレッシャーを感じている様子ですね。今までクレヨンしんちゃんを見ていた人からは少し違和感も聞かれるようですが、それは仕方のないことです。

新しいしんちゃんになってからの皆さんの声

違和感ない人とある人に分かれる様子。ブタ子は新しくみたとき違和感そんなになかったです。勉強もされているようなのでもっと似てくるはずです、楽しみです!

まとめ

長いアニメになると声優さんもだんだん年をとってきて交代を余儀なくされます。ドラえもんやサザエさんなどがいい例です。交代したときには違和感が半端なくても次第になじんできます。

ブタ子は昔の大山のぶよさんの頃からドラえもんが大好きで、主要メンバー声優が一気に交代したとき見る気がなくなりました。

しかし、子供が生まれてから子供が見るので一緒に見ていたらまた大好きになりました。そんなもんですよね。ようは慣れです。

人の批判ばかりしても何も始まりませんから、1度見てみましょう!きっと物語が楽しいのでそんなこと気にならなくなりますよ。

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す