卵アレルギーのお弁当 悩むおかずはどんなものを使うのか 




こんばんは、ブタ子です。今日は卵アレルギーを持つ子供のお弁当について書いていこうと思います。

卵アレルギーを持つ子供のお弁当はどうするか

ブタ子が毎回悩む子供のお弁当。これから小学生は楽しみな長い長い夏休みがやってきます。ブタ子の憂鬱な時期がやってきます。

なぜなら40日近くお弁当を作らなければならないからです。

卵アレルギーを持つ子供は市販のお弁当がほぼほぼ食べることができません。ほんとに見れば見るほど市販のお弁当には卵が使っているんですよ。

冷凍食品もほとんどと言っていいほど卵を使用しています。お助けの冷凍食品が使えないとなるとほんとに困ります。

たまには手抜きをしたいと思っても卵アレルギーの子供にはなかなかできません。なので、毎日だいたい同じおかずになってしまいます。

卵を使わないお弁当は子供が食べたいものとは程遠い内容になります。

例えば、かぼちゃの煮物。子供のお弁当にはまず入ることのないおかずです。幸いブタ子の子供はかぼちゃの煮物が好きなのでそこは助かっています。

おかずで必ずいれるものとは

すべて手作りで作るのが1番いいですが、仕事をしているとなかなかそんな時間が取れません。ましてや毎日となるとよけいに難しいです。

ブタ子が必ず使うおかずをちょっと書いてみましょう。

  • チーズインウインナー
  • トマト
  • 葉物野菜
  • ミートボール

この4点はだいたいいつも入っています。しかし、これだけではお弁当箱は埋まりません。なので1~2品手作りのおかずを入れています。

だいたい豚肉を使ったものが多いです。お惣菜を使うことができないため、おかずには苦労します。

アレルギーのない子供なら時々手抜きをして市販のお弁当を買ったりできますが、アレルギーを持つ子は命取りとなるのでそうはいきません。

クックパッドには卵を使用しないおかずのレシピがたくさん載っていますので参考になります。

クックパッド 卵アレルギーレシピ

卵アレルギーで苦労すること

何のアレルギーでもそうですが、アレルギーを持っているとほんとに大変です。卵は使っていないものを探す方が難しいほどほとんどの商品に入っています。

ブタ子の家では卵はまったく買いません。ブタ子は卵大好きなんですが。

食事というのはとても大切なもので、とくに育ち盛りの子供の栄養については考えます。卵が食べれないことで栄養が偏ってしまうんではないかとよく考えます。

そんな中お弁当で栄養を取るのもなかなか難しいです。いつも悩んでいるところです。

そして、子供なので他の人がおいしそうに食べるものが食べてみたいという気持ちもおきます。それは子供にとってとてもつらいことです。

なので、お弁当はできるだけ好きなものを取り入れて、かつ栄養面も考えられたものがベストです。

栄養面が心配な方にわかりやすいサイトをみつけましたので参考にしてみてください。

これで困らない!アレルギーのお弁当

まとめ

卵アレルギーの子を持つ親として、毎日の食事には気を使います。卵不使用の食品は少しずつ多くなってきましたが、まだまだ全然少ないです。お弁当のおかずとなると市販のものはほとんど使用できません。

最近ではネットでいろいろと調べることができるので、卵を使わないおかずの作り方もたくさん出てきます。それはとても助かります。

便利なものを活用しつつ乗り切っていきましょう!

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す