広島の穴場スポット TOHO BEADS STYLE ガラスの里




こんばんは、ブタ子です。今日は広島にある知る人ぞ知る穴場スポット

ガラスの里

についてご紹介します!

ガラスの里とは

ガラスの里住所
 〒731-0201

広島市安佐北区大林2丁目12-55
TEL(082)818-0414(代) 

ガラスの里の入り口には大きなガラスの置物がお出迎えしてくれています。

入場料は無料(ミュージアムゾーン・ガラスの城を除く)。駐車場も無料です。

園内はこのようになっています(園内マップ)

花で作られた時計 ↑

ミュージアムゾーンの施設/ビーズ博物館・ガラス博物館・世界現代ガラス美術館

大 人 1,000円 高 校 生 700円 小・中学生 500円

上の写真の博物館は有料ですが、ブタ子は入りませんでした。

博物館前の通路にはガラスが埋め込まれていてきれいでしたよ!

手作りができる工房

こちらはステンドグラスや七宝焼の手作りをする工房です。ブタ子の子供も七宝焼にチャレンジ!

土台となる材料を買って上のカラーから好きなものを選びます。土台となる材料には材料費も込みの値段が記載されています。

ブタ子の子供はネックレス(1700円)と小物入れ(1700円)を購入して早速製作!

いろんな道具を使わせてくれて、丁寧に教えてくださいました。見本のブローチを見ながら柄を決めたり楽しいです。

時間的には30分~1時間くらいで出来上がります。出来上がりはとても綺麗でガラスの思い出の品ができました。

ステンドグラスはもう少し時間がかかって小学4年生以上と限定されています。

石のモニュメント?という感じの大きな石が置かれています。

お土産売り場

ここはお土産売り場です。ガラス製のいろいろなものがたくさん置かれていて、見るだけで楽しい気分になりますよ。

ガラスの靴もありました。ピンク系がとってもかわいいガラスがたくさん!

これも全部ガラスでできています。

かわいいピンクのガラス製ふくろうもいました。

観覧車やきらびやかな置物がたくさん。

広島で有名な熊野筆も売ってました。色がピンク系でとってもキュート。

ガラス工芸体験場

 

吹きガラス工房でグラスを作っている最中でした。熱気がすごくて迫力ありました。

手作りでこんなかわいい物もできるそうです。

ガラスの城

ガラスの城です。

大人 高校生以上 200円・小中学生100円の入場料がかかります。ブタ子は入ってみました。

入口はこんな感じでお出迎え。写真スポットになっていました。

廊下にはステンドグラスがはめ込まれていました。

ローマの休日でおなじみの真実の口のレプリカ的な占いマシーン。

100円で手相占いをしてくれるんですが、半信半疑で家族全員やってみるとおもしろいほど的中していました。1度試す価値がありですね。

大きな万華鏡が色々な角度からのぞくことができる部屋です。

飛び出してくるようなトリックアートの部屋です。写真スポットです。

迷路があったり、噴水があったりと見応え満点なので入る価値ありです。

ガラスの里の敷地にセブンイレブンがあるので、何かと便利ですね。

まとめ

入場料は博物館などを除き無料です。今日は結局ガラスの城の入場料と七宝焼きの材料費のみの出費でした。

敷地内にはベンチもたくさんあって、芝生の中でごはんを食べたりしている人もいました。お金をかけずに楽しめる場所でした。

近くにいく機会がありましたら、ぜひ足を運んでみてくださいね!

ブログランキング参加中です。応援よろしくお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す